若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール


活躍する歴代入賞者たち(2)


「第1回 モスクワ大会」 (1992年) 

ピアノ 第 3 位   アレクセイ ・ ナビウリン ( ロシア )

■第23回カサグランデ国際ピアノコンクール 優勝及び特別賞受賞 (1998年)
■第5回ダブリン国際ピアノコンクール 優勝及び特別賞受賞 (2000年)
■第12回チャイコフスキー国際コンクール 第2位及び特別賞受賞 (2002年)

ヴァイオリン 第1位  ジェニファー・コー (アメリカ)

■第10回チャイコフスキー国際コンクール 第2位(1位なし) (1994年)

チェロ 第2位 タチヤナ・ワシーリエワ (ロシア)

■ロストロポ-ヴィチ国際チェロコンクール グランプリ(2001年)
■「ヴィクトワール・ド・ラ・ミュジーク」 外国人演奏家賞受賞(2004年)
ページ先頭へ

「第2回 仙台大会」 (1995年) 

ヴァイオリン第2位  松山冴花 ( 日本 )

■ナショナルコンペティション・イン・テキサス第2位(1998年)
■ジュリアード音楽院プレ・カレッジコンクール入賞(1998年)
■カール・ニールセン国際音楽コンクール第2位及び 特別オーケストラ賞(1999年)
■セントルイス交響楽団コンクール大賞(2000年)
■ハノーファー国際ヴァイオリン・コンクール第2位(2003年)
■第2回仙台国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門第1位 及び聴衆賞(2004年)
■エリーザベト王妃国際音楽コンクール第4位(2005年)
ページ先頭へ

「第3回 サンク トペテルブルグ大会」 (1997年)

ピアノ 第2位 ソン ヨルム ( 韓国 )

■第7回エトリンゲン国際ピアノコンクール 第1位 (2001年)
■第53回ヴィオッティ国際音楽コンクール 第1位 (2002年)
■アルトゥール・ルビンシュテイン国際ピアノコンクール 第3位 (2005年)
■第15回国際ショパン国際ピアノコンクール ファイナリスト (2005年)
■第14回チャイコフスキー国際コンクール 第2位(2011年)

ピアノ 第2位 ピョートル・オフチャロフ ( ロシア )

■パルナッソス国際ピアノコンクール 第1位 (2004年)
■国際ベートーヴェンコンクール入賞 (2005年)
ページ先頭へ

「第4回 アモイ大会 」(2002年)

チェロ 第1位  ボニアン・チャン ( 中国 )

■ダビドフ国際コンクール第1位(2006年)

ヴァイオリン 第2位  イェ ウンチェ ( 韓国 )

■スクール・バロック室内管弦楽団コンクール第1位(2000年)
■いしかわミュージックアカデミー奨励賞受賞 (2002年)
■レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリン・コンクール 第2位 (2003年)
■第5回モントリオール国際音楽コンクール第2位(2006年)
■第7回インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクール 第5位(2006年)
ページ先頭へ

「第5回 倉敷大会」 (2004年) 

チェロ 第4位  ナレク ・ アフナザリャン ( アルメニア )

■ヨハンセン国際青少年コンクール第1位 (2006年)
■アラム・ハチャトゥリアン国際コンクール第1位 (2006年)
■“Gyeongnam”国際コンクール第2位 (2006年)
■第13回チャイコフスキー国際コンクール第5位(2007年)
■第14回チャイコフスキー国際コンクール第1位(2011年)

ピアノ第2位 ディナーラ・ナジャーフォヴァ (ウクライナ)

■「ユーロ・ヴィジョン」国際コンクール第3位(2004年)
■第6回浜松国際ピアノコンクール奨励賞(2006年)
ページ先頭へ

「第6回 水原大会」(2009年)

チェロ部門 第1位  上野通明(日本)

■優勝後「題名のない音楽会」(テレビ朝日10月18日 )に出演。
■「神童たちの一夜限りの競演 第6回 若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」優勝者記念演奏会」(2009年11月岡山県・沖縄市)出演。
■2010年8月、「第6回ルーマニア国際音楽コンクール」弦楽部門第1位(最年少)、ルーマニア大使館賞、ラジオ文化局賞を受賞
ページ先頭へ
<< 前 次 >>
目次 | 「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」とは | 開催概要 | 世界で活躍する入賞者たち
- 活躍する歴代入賞者たち(1) | - 活躍する歴代入賞者たち(2) | - 歴代入賞者一覧 | コンクール主催者詳細