INFORMATION


速 報  最難関ジュニア・コンクールの覇者たちによる ただ一度の日本公演 倉敷市で実現!
「第6回 若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」優勝者記念演奏会
11月29日 くらしき作陽大学 藤花楽堂で開催
 
2009年9月15日更新
先日、このコーナーで現地レポートをお届けした「第6回 若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール 韓国大会」各部門(ピアノ・ヴァイオリン・チェロ)第一位優勝者による記念演奏会が倉敷市で開催されます。

本公演は、ESCがサポートして締結が実現した、ロシア国立モスクワ音楽院とくらしき作陽大学との文化交流協定締結10周年を記念して、大学、コンクール主催機関であるロシア・チャイコフスキー国際コンクール入賞者連盟(ATCS)と、ESCとが協力して実施する文化交流事業です。

完璧な弾きっぷりで、聴衆を熱狂させたピアノのナンソン・ファン。ぐいぐいと惹き込まれるパフォーマンスで審査員や聴衆たちを魅了したヴァイオリンのシレーナ・ファン。若干13歳で、日本人初のチェロ部門第一位に輝き、日本のメディアから注目を集めた上野通明。

彼らがステージを共にするのは、コンクール終了後初、このメンバーでの演奏会は、日本でただ一度きり。

ランラン、上原彩子を輩出した、最高峰ジュニア・コンクールを征した若き音楽家たちの白熱の競演を堪能してください。そして、世界へ羽ばたいてゆく未来の巨匠たちに精一杯のエールを贈りましょう。

概要は下記の通りです。
チケット発売は、2009年9月29日(火)を予定。
詳細が決定次第、このコーナーでお知らせします。


〇~Debut in KURASHIKI ~
神童たちの一夜限りの競演
くらしき作陽大学・モスクワ音楽院「文化交流協定」締結10周年記念
「第6回 若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」優勝者記念演奏会

日   時    2009年11月29日(日) 19:00開演 (18:30開場)

開催場所     岡山県 倉敷市 くらしき作陽大学 藤花楽堂

出   演    第6回 若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」各部門優勝者


ピアノ部門        第1位   ナンソン・ファン    Nansong HUANG   (中国/15歳) 
ヴァイオリン部門 第1位   シレーナ・ファン    Sirena HUANG     (アメリカ/15歳)
チェロ部門        第1位   上野通明             Michiaki UENO    (日本/13歳)
2009年9月29日(火)より、チケット販売を開始いたします。


〇出演者プロフィール

ピアノ部門 第1位   ナンソン ・ファン:Nansong HUANG(中国/15歳)
1993年生まれ。北京中央音楽院付属音楽学校5年生。2008年7月、ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール、ジュニア部門第1位(米国)、同年11月、第5回国際ピアノコンクール第1位(モスクワ/ロシア)。

ヴァイオリン部門 第1位  シレーナ ・ファン:Sirena HUANG(アメリカ/15歳)
1994年生まれ。ジュリアード音楽院のプレカレッジに通う台湾系アメリカ人。2006年若いヴァイオリニストのためのヴィエニアフスキー国際コンクール3位(ポーランド)、2008年アスペン音楽フェスティバルヴァイオリンコンチェルトコンクール第1位(米国)。

チェロ部門 第1位  上野通明:Michiaki UENO (日本/13歳)
1995年パラグアイ生まれ。5歳よりチェロを始め、2001年よりスペイン・バルセロナに在住。2004年に帰国後、第5回泉の森ジュニアチェロコンクール銀賞(最高位)、第15回日本クラシック音楽コンクール第3位、第8回日本演奏家コンクール第1位。



<<前  次>>
このページの先頭
2009年トップへ戻る
Informationトップへ戻る
HOMEへ戻る