INFORMATION


「ボリショイ・バレエ団」ただ一人の外国人ソリスト 岩田守弘さん 「友好勲章」受賞
2009/6/2更新
昨年、モスクワで行った初プロデュース公演(於:ノーバヤ オペラ劇場・ESCも協力)が大盛況だった「ボリショイ・バレエ団」唯一の外国人ソリスト 岩田守弘さんが、この度 ロシアのメドベージェフ大統領から友好勲章が授与されることになりました。以下が、その第一報です。

ロ大統領、岩田守弘さんに勲章 ボリショイ・バレエで活躍

 【モスクワ1日共同】ロシアのメドベージェフ大統領は1日までに、モスクワのボリショイ劇場で第1ソリストとして活躍するバレエダンサー岩田守弘さん(38)に「友好勲章」を授与する大統領令を出した。

 横浜市出身の岩田さんは1995年に同劇場に入団。外国人で初のソリストになった。バレエダンサーとしては小柄だが、跳躍力や演技力が高く評価されている。

 授与の理由については、「日ロの文化交流の発展に多大な貢献をし、ロシア芸術を広めた」としている。

以上



<<前  次>>
このページの先頭
2009年トップへ戻る
Informationトップへ戻る
HOMEへ戻る