INFORMATION


ボリショイ・バレエで唯一の外国人ソリスト・岩田守弘の初プロデュース公演、いよいよ6月、
モスクワ ノーバヤ・オペラ劇場で開催!
2008/6/1更新
岩田守弘氏は、名門「ボリショイ・バレエ団」で唯一の外国人ソリストです。
ロシア・バレエ界の名振付家ラブロフスキーから「サムライの魂を宿した芸術家」との賛辞を送られ、イズベスチヤ紙をして‘バレエ衣装をまとったサムライ’といわしめた、ロシアで最も知られ、評価されている日本人アーティストのひとりです。
ダンサーとしてばかりでなく、振付家としても著名な氏が、このたびモスクワで初のプロデュース公演をおこないます。

プログラムは2部構成。
前半は、ロシア・クラシック・バレエの魅力を凝縮した「ガラ・コンサート」。
後半は、自身の振り付けによる日本の神話的世界に題材を求めたオリジナル作品「魂」。
ボリショイのトップ・ダンサーたちも多数共演します。
「ロシアのクラシック・バレエの伝統を次代に伝えるのが私の義務。日本人である私が、ロシア芸術の最高峰、ボリショイ・バレエのダンサー達と共演し、プロデュースすることによって、日ロ文化交流に貢献できれば嬉しい」と意気込みを語る岩田氏に、ESCからも精一杯のエールを送ります。

<公演概要>
名称 「第1回 岩田守弘プロデュース公演 in Moscow2008」
日時 2008年6月16日(月)19時開演
会場 ノーバヤ オペラ劇場
(Ul.Karetny ryad 3, Hermitage Garden 最寄駅:プーシキンスカヤ)
主催 JAPAN ART RAINBOW
公演
プログラム
前半(約60分)
  クラシック・バレエ「ガラ・コンサート」
  (眠れる森の美女、ゼンツァーノの花祭り、白鳥の湖、海賊、他)
後半(約45分)
  「魂」 (岩田振り付け作品)
出演予定 岩田守弘 , M.Lavrovsky , K.Ivanov , A.Goryacheva , O.Iwata,
S.Dorensky, A.Stashkevich , V.Lopatin , K.Pchelkina , A.Pshenitsin,
A.Matrakhov , E.Bochkaryova
(特別出演) N. Gracheva, M. Alexandrova,
<<  >>
このページの先頭
2008年トップへ戻る
Informationトップへ戻る
HOMEへ戻る