INFORMATION


「茂山千五郎家狂言 モスクワ・ペテルブルグ公演」開催準備大詰め!
2007/2/22更新
~ 歌舞伎(「松竹大歌舞伎 中村雁治朗近松座 訪ロ公演 モスクワ・ペテルブルク公演(2003年)」)に引き続き、ESCは伝統芸能による国際交流を支援します。

ESCは現在、独立行政法人国際交流基金からの依頼により、現地統括プロデューサーとして「茂山千五郎家 狂言 モスクワ・ペテルブルグ公演」の開催準備に追われています。

2月の終わりから3月にかけて、モスクワ・ペテルブルグの二都市で開催される本公演は、日本の優れた文化・芸術をロシアの人々に紹介し日本に対する理解を促進することを目的に基金が実施している文化交流事業「日本の春フィスティバル」(後援:在ロシア日本大使館・在サンクトペテルブルグ日本大使館)のプログラムの一環です。

京都に四百年続く名家「茂山千五郎家」三代の巧者たちが、民衆のエネルギーの中から生まれた日本最古の喜劇である狂言の真髄をロシアの人々に届けます。

演目は「棒縛り」「濯ぎ川」の2本を予定。詳細は、決定次第、このコーナーでお伝えします。

<<  >>
このページの先頭
2007年トップへ戻る
Informationトップへ戻る
HOMEへ戻る