INFORMATION


中国を代表する若手ピアニストの原点は「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」~「朝日新聞」(11月14日:日本と私)
2006/11/15更新
11月14日付け「朝日新聞」紙上(日本と私)に、ESCがプロデュース及事務局業務を手がけた「第2回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」でピアノ部門「第1位」(1995年開催)に輝き、現在は超人的技巧で聴衆を魅了する若手実力派ピアニストのホープとして世界中で活躍しているラン・ラン氏(中国)が取り上げられています。
「仙台は自分の原点」「音楽を心から楽しめたここでの経験があったかプロのピアニストになれた」・・・
彼は、当時13歳で挑んだコンクールの体験をそう語っています。
興味のある方は、是非ご覧下さい。
<<  >>
このページの先頭
2006年トップへ戻る
Informationトップへ戻る
HOMEへ戻る